チョン・ドヨンとリュ・ジュンヨル共演の話題作!「人間失格」韓国ドラマ

人間失格
画像引用:JTBC
韓国ドラマ
スポンサーリンク

チョン・ドヨンとリュ・ジュンヨル共演の話題作!韓国ドラマ

「人間失格」 見た目ではまったく共通点のなさそうな二人が出会い、心を通わせていくヒューマンドラマです。

リュ・ジョンヨルのナレーションがまるで詩を読んでいるようで、ドラマを見ながら癒されます!

また映画監督、ホ・ジンホ監督の初めてのドラマとのことで話題になりました。

 

「人間失格」あらすじ

素晴らしい作家になりたいと思っていたのに今は日雇い家政婦として働くプジョン。

そんな姿を家族に見せたくなくて今だに出版社に勤めていると嘘をついている。

役割代行サービスをして過ごす元ホストのガンジェ。

このまま何にもなれずに終わってしまうのではないかと思いつつ生きている。

そんなまるで接点のない二人があるきっかけで出会うようになるのだが・・・。

 

「人間失格」ティーザー(韓国語)

 

メインキャスト紹介「人間失格」

ブジョン

出版社で、ある女優の代筆作家をしていたが、今は日雇いの家政婦をしている。見た目は平凡だが自殺サイトの会員でもあり、心の中は複雑だ。普通の人のように幸せな人生を歩むものだと思っていたのに、気が付けば人生の下り坂の前に立ちくしていた。

人間失格 ブジョン

画像引用:JTBC

 

チョン・ドヨン

1973年2月11日生まれ。カンヌ国際映画賞女優賞をはじめ沢山の賞を取っている韓国の演技派女優。映画やドラマに多く出演している。

「ユア・マイ・サンシャイン」「シークレット・サンシャイン」「ハウスメイド」「男と女」「藁にもすがる獣たち」「プラハの恋人」「オンエアー」「グットワイフ~彼女の決断」

 

ガンジェ

最低自給10万ウォンの役割代行サービスをしている、年上に人気のある元ホスト。お金が全てで愛だと思いつつも心の片隅では誰かにとって必要な人になりたいとも思う。人生の上り坂の前で方向を見失う、少し前まで少年だった男。

ガンジェ人間失格

画像引用:JTBC

リュ・ジュンヨル

1986年9月25日生まれ。水原大学の演劇映画学科を出て、無名時代に色んなアルバイトを経験、スタッフとして働いていたことも。「恋のスケッチ~応答せよ1988~」でブレーク。共演したヘリとはドラマの共演をきっかけに恋人関係になった。

「タクシー運転手 約束は海を越えて」「リトル・フォレスト 春夏秋冬」「金の亡者たち」「恋のスケッチ~応答せよ1988~」「運勢ロマンス」

 

ジョンス

ブジョンの年下の夫。デパートの食品売り場の管理チーム長をしており、背が高い以外は特別なものがない平凡な男。暖かく正直でいつも変わらない姿でみんなから愛される、そんな男だが・・・。

 

ジョンス人間失格

画像引用:JTBC

 

パク・ビョンウン

1977年7月14日生まれ。デビュー後色んな作品の脇役として出演している。

「暗殺」「男と女」「ソボク」「アスダル年代記」「キングダム」

 

ギョンウン

ジョンスの大学時代の彼女。親の反対で別れ、その後金持ちの男性と結婚した。夫は病気で入院しており、そんな夫の元に毎日通う献身的な妻であるが、ジョンスの前ではいつまでもわがままな恋人でいたいと思う、心は年老いてしまった女。

ギョンウン人間失格

画像引用:JTBC

キム・ヒョジン

1984年2月10日生まれ。2000年デビュー。俳優ユ・ジテと結婚し出産後しばらく芸能活動を休んでいたが、2015年から活動を再開している。「秘密」「メリは外泊中」「結婚前夜」「プライバシー戦争」

 

チャンスク

ブジョンの父。暖かく賢明な、自慢するものはなくても誇らしい父。アルツハイマーになり段々と記憶を失っていくが一生懸命に生きようとする善良な人物である。

チャンスク人間失格

画像引用:JTBC

 

パク・インファン

1945年1月6日生まれ。1967年に演劇でデビュー。韓国ドラマには欠かせない俳優である。

「大切に育てた娘ハナ」「伝説の魔女」「帰ってきてダーリン!」「がんばれ!プンサン」「ナビレラ~それでも蝶は舞う~」

 

タギ

平凡という単語が似合う男。スンジュという女性の名前のような本名の代わりにタギと呼ばれる、本名みたいに純粋で静かな、でも言う事は言う少年のような男。ガンジェの友達でありみんなの癒しのような存在。

タギ人間失格

画像引用:JTBC

ユ・スビン

1992年11月6日生まれ。「愛の不時着」で韓ドラ好きな北朝鮮軍兵士役で出演し知名度を上げた。最近はバラエティ「チプサブイルチェ~師匠に弟子入り」にも出演中。

「刑務所のルールブック」「EXIT」「愛の不時着」「スタートアップ:夢の扉」

 

感想&見どころ(ネタバレなし)「人間失格」

チョン・ドヨンとリュ・ジュンヨル共演ということで、意外な組み合わせだなあと思って見たのですがこれが意外と合ってるんですよね~。

そして主人公二人の、特にリュ・ジュンヨルのナレーションがいいんです。

声だけ聞いても癒されます。ドラマ自体はゆっくりとしたテンポなので、つい早送りしようかと思ってしまうのですが、そういう場面に限ってリュ・ジュンヨルのナレーションが入りしっかり見てしまいました。

 

出演者たちもみんな和気あいあいとしていたようですね。

最後の撮影の様子(韓国語)「人間失格」

そして登場人物はお互いにからみあってはいるのですが、各々の立場が理解できるというか、誰も悪者がいないドラマ。

 

おわりに「人間失格」

自分が足りないから人間失格なのか、それでも生きてたらどうしようもないこともある、そんなことを感じさせられたドラマでした。癒されたいときにお勧めのドラマです。